蜻蛉日記研究 - 斎藤菜穂子

斎藤菜穂子 蜻蛉日記研究

Add: odutyzyk44 - Date: 2020-12-13 00:58:41 - Views: 7687 - Clicks: 2944

蜻蛉日記研究. 蜻蛉日記研究 作品形成と「書く」こと/斎藤 菜穂子(小説・文学) - 「蜻蛉日記」が歌反故から一個の自立した作品にかたち作られていく経緯を「形成」と捉え、その形成過程を作品の表現自体から探ることで、「蜻蛉日記」. 3 形態: viii, 277p ; 22cm 著者名: 斎藤, 菜穂子(1970-) 書誌ID: BBISBN:. 書評『蜻蛉日記研究―作品形成と「書く」こと』(斎藤菜穂子著) 国文学研究(早稲田大学) 167集 年6月 招待有り 日付の空間――『和泉式部日記』の日付と漢文日記――. 「蜻蛉日記」の冒頭部の「とばかり」について: 斎藤菜穂子 「蜻蛉日記」の服飾記述について: 川村裕子 「蜻蛉日記」の道綱歌: 小野泰央 「讃岐典侍日記」における服飾への視点をめぐって: 小谷野純一 「讃岐典侍日記」に見る典侍の局と天皇の行動範囲の. 斎藤菜穂子「『蜻蛉日記』研究-その表現と形成-」 本論文は『蜻蛉日記』の詳密な表現分析を通して、作品の形成を考究したものである。 そのようなアプローチは、すでに先学によってなされてきたが、この論文では「書く」と. Bib: BBISBN:Holding items in this series. 斎藤菜穂子著『蜻蛉日記研究─作品形成と「書く」こと─』武蔵野書院 (年)刊行 定価 9,180円新本、美麗です。 目次 Ⅰ 和歌と引歌・歌語表現の独自性 第一章 〈父の離京〉における贈答歌 第二章 上巻の道綱母長歌の構造 第三章 鳴滝籠りの引歌表現群 第四章 鳴滝籠り後.

700-09 斎藤菜穂子, 1970- 「蜻蛉日記」の研究. 斎藤菜穂子 | プロフィール | HMV&BOOKS online | 東京都生まれ。早稲田大学教育学部国語国文学科卒業。早稲田大学大学院文学研究科博士. テーマ: 『蜻蛉日記』の恋 ゲストスピーカー: 斎藤 菜穂子 氏(國學院大學兼任講師) 実施内容: 6月5日(月)4限、和泉キャンパス第4教室にて「『蜻蛉日記』の恋」と題した特別講義を行った。講師は、國學院大學兼任講師斎藤菜穂子氏である。. 蜻蛉日記研究 : 作品形成と「書く」こと フォーマット: 図書 責任表示: 斎藤菜穂子著 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 武蔵野書院,.

斎藤菜穂子著『蜻蛉日記研究 ─作品形成と「書く」こと─ 』 武蔵野書院 (年)刊行 定価 9,180円 新本、美麗です。 目次 Ⅰ 和歌と引歌・歌語表現の独自性 第一章 〈父の離京〉における贈答歌 第二章 上巻の道綱母長歌の構造 第三章 鳴滝籠りの引歌表現群 第四章 鳴滝籠り後の歌語表現の変化. 蜻蛉日記研究 作品形成と「書く」こと:本・コミックのネット通販ならセブンネットショッピング。セブン‐イレブン店舗受取りなら送料無料&24時間受取れる。. 斎藤菜穂子著 「思ひなげかじ」考 : 『蜻蛉日記』下巻の方法: 平野美樹著 『蜻蛉日記』下巻に関する試論 : 求婚譚を中心にして: 水野隆著 「月」「端」「露」の累相と変相 : 和泉式部日記「手習文」の方法と「代詠」への回路と: 金井利浩著. 10 形態: 24, 1150, 15p, 図版8p ; 22cm 著者名: 上村, 悦子(1908-) 書誌ID: BN06170086. 蜻蛉日記新考 : 兼家妻として「書く」ということ.

蜻蛉日記研究 作品形成と「書く」こと 斎藤菜穂子/武蔵野書院 /04出版 311p 22cm ISBN:NDC:915. 蜻蛉日記研究 : 作品形成と「書く」こと 資料種別: 図書 責任表示: 斎藤菜穂子著 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 武蔵野書院,. 図書新聞 第3371号. 蜻蛉日記研究 - 作品形成と「書く」こと - 斎藤菜穂子 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!. 書評「中野幸一著『正訳 紫式部日記 本文対照』」. Amazonで斎藤 菜穂子の蜻蛉日記新考。アマゾンならポイント還元本が多数。斎藤 菜穂子作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日.

880-09 Saitō, Nahoko, 1970- "Kagerō nikki" no kenkyū. 『蜻蛉日記』と「巻末歌集」の連続性 : 二字下げ表記の視点から: 斎藤菜穂子 著 『蜻蛉日記』の「紛らはす」 : 兼家変貌を実感させる語として: 内野信子 著 新任国司下向の門出と陰陽師の勘申 : 古記録と『蜻蛉日記』から: 深澤瞳 著. 斎藤, 菜穂子 Catalog. Amazonで斎藤 菜穂子の蜻蛉日記研究 ―作品形成と「書く」こと―。アマゾンならポイント還元本が多数。斎藤 菜穂子作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。. 斎藤菜穂子著 『蜻蛉日記研究 ││作品形成と「書く」こと││ 』 川 村 裕 子 一、はじめに 待ちに待った本がついに出版された。斎藤氏は『蜻蛉日記』研 究の若手として近年数多くの論考を発表されている。氏は、常に.

年度中に公刊する予定である。 また本研究では、仮名日記の書誌、本文を再考すべく、国文学研究資料館蔵阿波国文庫蜻蛉日記を考察した。その成果は、年3月に公刊された影印本の解説に結実している。. 蜻蛉日記 : 校本・書入・諸本の研究 フォーマット: 図書 責任表示: 上村悦子著 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 古典文庫, 1963. 『蜻蛉日記』は『土佐日記』と共に日記文学の嚆矢とされており、女流文学としてまた. 『蜻蛉日記』中巻の「桃の節句」と「小弓」の記事について : 安和の変の直前に書かれたこと 斎藤 菜穂子. 早稲田大学大学院文学研究科博士後期課程満期退学。博士(文学)。國學院大學・東洋大学等の非常勤講師を務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです) 『蜻蛉日記新考 兼家妻として「書く」ということ』より. 4 形態: 311p ; 22cm 著者名: 斎藤, 菜穂子 書誌ID: BBISBN:.

『蜻蛉日記』と「巻末歌集」の連続性: 斎藤菜穂子 『蜻蛉日記』におけるミウチ史の創造: 石坂妙子 『蜻蛉日記』の「紛らはす」 内野信子 『蜻蛉日記』考: 今関敏子 『風に紅葉』と『とはずがたり』の共通基盤: 大倉比呂志: ホトトギスを待つ女: 赤間恵都子. 『蜻蛉日記』と「巻末歌集」の連続性 / 斎藤菜穂子 著: 部分タイトル 『蜻蛉日記』の「紛らはす」 / 内野信子 著: 部分タイトル: 新任国司下向の門出と陰陽師の勘申 / 深澤瞳 著: 部分タイトル 「うつろひたる菊にさしたり」淵源攷 / 中村佳文 著: 部分. 新刊紹介 久下裕利著『源氏物語の記憶ー時代との交差』. 蜻蛉日記研究 : 作品形成と書く. 33 税込&92;9,350 お取り寄せ 9.

Amazonで斎藤 菜穂子の蜻蛉日記研究 ―作品形成と「書く」こと―。アマゾンならポイント還元本が多数。斎藤 菜穂子作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。. 日記文学研究誌 (17), 12-25, -06. 斎藤 菜穂子 略歴 〈斎藤菜穂子〉1970年東京都生まれ。早稲田大学大学院文学研究科博士後期課程満期退学。博士(文学)。國學院大學、東洋大学等の非常勤講師。著書に「蜻蛉日記研究」がある。.

蜻蛉日記新考 - 兼家妻として「書く」ということ - 斎藤菜穂子 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!. 斎藤 菜穂子 著. 97-107 もっと見る. 4 形態: 311p ; 22cm 著者名: 蜻蛉日記研究 - 斎藤菜穂子 斎藤, 菜穂子(1970-) 書誌ID: BBISBN:. | 斎藤菜穂子の商品、最新情報が満載!. 斎藤菜穂子 著 『蜻蛉日記新考 ─兼家妻として「書く」ということ─ 』 ─和田律子・庄司敏子 元吉 進 著 『更級日記と東国の風景』 ─和田律子 上野英子 著 『 源氏物語 三条西家本の世界 ─室町時代享受史の一様相 』 ─伊井春樹. 武蔵野書院.

蜻蛉日記新考 : 兼家妻として「書く」ということ フォーマット: 図書 責任表示: 斎藤菜穂子著 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 武蔵野書院,. 167集 日付の空間--『和泉式部日記』の日付と漢文日記--. 「蜻蛉日記」の道綱歌 / 小野泰央 著: 부분 타이틀 「蜻蛉日記」の冒頭部の「とばかり」について / 斎藤菜穂子 著: 부분 타이틀: 和泉式部日記 / 紫村抄織 著: 부분 타이틀 「和泉式部日記」の記事の意味 / 松島毅 著: 부분 타이틀 「信生法師日記. ISBN:OCLC:Web link: Japanese record available for display Online:. 蜻蛉日記研究 : 作品形成. 【教員名】斎藤 菜穂子 【登録番号】0000 【テーマ】『蜻蛉日記』を読むーー和歌と散文との関係を中心にーー (演習内容) 女流日記文学の嚆矢である『蜻蛉日記』を冒頭から順に読み進める。詠歌に自負するところのあ.

蜻蛉日記研究 - 斎藤菜穂子

email: pevipo@gmail.com - phone:(483) 540-1823 x 7444

診療放射線技師 ポケット・レビュー帳 3rd edition - 福士政広 - 開かれた教会づくりをめざして

-> 整形外科体操療法実践マニュアル - 室田景久
-> ストレスの生物学 - 室伏きみ子

蜻蛉日記研究 - 斎藤菜穂子 - 近代日本思想大系 丘浅次郎集


Sitemap 1

「お客さまづくり」繁盛法の基本がわかる→できる - 細野恒充 - 西南法学基礎教育研究会 法学部ゼミガイドブック